退職後に振り込まれる給料について勘違いしてた話

f:id:ramsyo:20170808015651j:plain

 

私事ですが、2017年4月いっぱいで前職を退職しました(現在は転職先で勤務中)

 

そのときに、最後の給与は、

退職後の5月の給料日に振り込まれるものと思っていました。

 

なので5月の収入は「退職金+4月分の給与」になるのかな~と考えていました。

 

それで「5月は金銭的にはすごく楽になるな~、なんか買おうかな~」

なんて思ってたのですが、これがカンチガイでした!

 

退職月の給与は退職月に振込済  

 

前職では「その月の給与はその月に支払われる」というシステムだったので、

退職月の4月分の給与は、すでに4月の給与日にもらっていたのです。

(まあオフィスワークのほとんどはその方式でしょうけども)

 

そして、そこに前の月(3月分)の残業代が上乗せされた分が、

4月に振り込まれる金額でした。

 

つまり、4月に振り込まれた金額は「4月分の給与+3月の残業代」でした。

 

そして退職後の、5月の給与日に振り込まれたのは「4月の残業代のみ」でした。

 

よって5月の収入は「退職金+4月の残業代」でした。

 

5月の給与日に振り込まれてる金額を見て、初めてそのことに気づきました!

 

それで「そういえば、入ったばかりのとき、その月に初任給をもらってたなぁ」と、その時ぼんやりと思い出しました。

 

思い込みって怖いなと思いましたねえ。

 

 

失業手当はもらえるまでに間がある 

退職した時点では、まだ転職先が決まってませんでした。

 

前職は契約満了での退職だったので、会社都合扱いでの退職となります。 

その場合、失業手当をすぐに受給できます(自己都合退職の場合、もらえるのは退職してから3か月後)

 

というわけで、自宅に離職票が届いてから、すぐに雇用保険の手続きをしに行きました。

 

とはいっても、実際に失業手当が振り込まれるまでは、

それからひと月近く間が空きます。

 

幸い、退職金がそれなりにもらえたのと、

多少の蓄えがあったので問題なかったですが、もしこれが退職金なしで、

貯金も全然ない状況だったらと思うと、冷や汗ものでしたね。

 


以上、退職したときに退職月分の給与を勘違いしてたお話でした。