映画【ランボー】~孤高のソルジャー~

f:id:ramsyo:20170717180346j:plain

公開:1982年

 

「ランボー」をレビュー(※バレあり)

 

ノースタントのサバイバル・アクション

 

前回取り上げた「ロッキー」と並び称されるシルヴェスター・スタローンの代表作です。

 

シリーズ化されていますが、個人的にもっとも好きなのがこの第1作目です。

 

当時のアメリカの世相を反映したストーリーになっていて、国のためにベトナム戦争を戦いながらも、帰還してみると世間の目は冷たいし、自身も戦争後遺症に苦しめられるということが社会問題化していたようですが、ランボーもその一人として描かれています。

 

なので、この1に関しては「ベトナム戦争もの」としても分類できるのです。

 

2以降は、ド派手で豪快で荒唐無稽なアクション映画になっていて、むしろそれがランボーシリーズに対する一般的なイメージだと思いますが、この1では「実際、ベトナムではこうやって戦ってたんだろうなぁ…」と思えるような、説得力のあるサバイバル・アクションが展開されます。

 

物語は、ベトナム帰還兵のランボーが、戦友の家を訪ねるところから始まります。

 

美しい湖のほとりにポツンと建っている一軒家。

 

そこでランボーは、戦友の母親らしき人を見つけ、戦友の所在を聞きます。

 

ところが、戦友はすでに亡き者となっていました。

 

あてなく歩くランボー。

 

広大なアメリカを歩いて移動しているあたり、どうやらホームレス状態のようです。

 

そしてたどり着いたのがホリデー・ランドという田舎町。そこで事が起こります。

 

f:id:ramsyo:20170610011329p:plain

 

町の保安官に目をつけられ、「お前、ナリが小汚いし、なんかやらかしそうだから町の外まで送るわ」とパトカーに乗せられ、町はずれに連れ出されるランボー。

 

「腹が減ってるんだ」と訴えると「50キロ先に食堂がある」と吐き捨てられます。さらに「髪を切って風呂に入れ!そうすりゃ好かれるぞ!」とも。

 

納得できない表情のランボーは、来た方角へ引き返して、再び町に入ろうとします。

 

それを見た保安官はランボーを拘束します。罪名は「浮浪罪と公務執行妨害」。

 

要するに不審者ってことですね…

 

署に連行されたランボーは反抗的な態度を取り、口を利きません。

 

頭にきた取調官から虐待のような嫌がらせを受けます。

 

そして首を絞められたときに、過去に戦場で捕虜になったときのトラウマがフラッシュバック。

 

ここから、ランボー無双のスタートです。

 

人間兵器ランボー

ランボーは署の警官を次々とうち倒し、バイクを奪って逃走。

 

それをパトカーで追う保安官。

 

山に入ると、断崖絶壁に追い詰められ、

 

さらにはヘリから狙撃され、やむなくその断崖絶壁から飛び降りるランボー。

 

ジャッキー・チェンばりに命がけなノースタントアクション。身体張ってます。

 

さらには負傷した腕を自分で縫うという、痛々しいシーンつき。

 

f:id:ramsyo:20170610025957p:plain

↑実際に自分で縫っているらしい

 

さらには山に逃げ込み、捜索しにきた警官を次々と負傷させます。

 

オトリや罠を使って次々と相手を陥れていく手際の良さから、観る側はランボーが歴戦の猛者であることを印象付けられます。

 

スタローンが軽快な動きでそれを体現するので、ランボーが歴戦の猛者だったという設定を疑うことなく受け入れることができるのです。つまりは映画の世界に入り込めるのです。彼は筋肉質で体重も重めなはずなのですが、それを感じさせない軽やかな動きを披露しています。

 

そして保安官ののど元にナイフをつきつけ「俺にこれ以上かまうな」と警告。

 

ベトナム戦争の修羅場をくぐってきた男と、田舎町の保安官では勝負になりません。

 

f:id:ramsyo:20170610121147p:plain

 

しかし、懲りるどころか自らの手でランボーを捕まえようと躍起になる保安官は、

 

人手を総動員して、ランボーが籠もる山を包囲します。

 

そこにランボーの元上司トラウトマンが来ます。

 

「彼は私が造り上げた」「あなた方を助けにきた」と告げ、ランボーを拘束するための手順を提案します。

 

しかし保安官は拒否。「俺の管轄だ!」と強情。

 

その後、ランボーが潜伏している炭鉱跡にロケットランチャーが撃ち込まれますが、

 

ランボーは炭鉱の奥深くへ潜むことで難を逃れます。

 

そして炭鉱を脱出し、トラックを奪い、バリケードを強行突破して町に入るランボー。

 

f:id:ramsyo:20170610135958p:plain

 

ここからのランボーの戦い方が頭脳的です。

 

まずガソリンスタンドを火薬や爆薬で爆発させて、町の警官たちをそこにクギ付けにし、ほかの場所を手薄にします。そして停電を起こし、見通しを悪くすることで自分の姿を見えにくくします。さらに、先ほどのガソリンスタンドと同様に、店を一つ燃やします。保安官を誘い出すためです。案の定、保安官は警察署の屋上から、様子を探るために顔を出します。誘い出し成功。

 

それを見るや否や、警察署に向けてマシンガンを乱射しまくるランボー。

 

f:id:ramsyo:20170610142324p:plain

 

たった一人で町一つを翻弄するとか万能すぎる…

 

こんな男が実在したら、アメリカはベトナム戦争で負けなかったでしょうねぇ…

 

保安官を追い詰めると、元上司のトラウトマンに静止されます。

 

「周りを見ろ!完全に包囲されてるぞ!もう終わったんだ!」と投降を促します。

 

それに対し、声を荒げるランボー。

 

何も終わっちゃいねえ!俺にとって戦争は続いたままだ!!

 

ここからランボーは堰を切ったように一気に心情を吐露。

 

今でも続く戦争のトラウマと、帰還兵に対する世間からの冷たい仕打ち、みじめな自分の境遇…

 

ランボーは、ずっと戦争後遺症と戦い続けていたのでした。

れまでほとんど口を利かず、感情がないかのようだったランボーですが、だからこそ、最後の最後で爆発させた感情に、重みを感じます。

 

ああ、苦しかったんだなぁと、ランボーの訴えがこちらにも響いてきます。

 

このラストシーンを初めて観たときは、グッときました。

 

f:id:ramsyo:20170610145644p:plain

 

評価:★★★★★(5/5点)

 

ramsyo.hatenablog.com