映画【ロッキー】~どん底からチャンスをつかむ~

f:id:ramsyo:20170601014339j:plain

公開:1976年

 ボクシング映画の代表作品

言わずと知れたシルヴェスター・スタローンの代表作「ロッキー」を観たのでレビューします。

 

久しぶりに観たら新鮮でした。

 

 ロッキーの泥臭い闘志、単純明快なサクセスストーリー、転がり込んできたチャンスはつかみとれ、というシンプルなメッセージ。

 

映画は、ロッキーのうだつのあがらない日常からスタートします。

 

 

 

場末の3流ボクサーであるロッキー。

 

本業のボクシングはイマイチ結果を出せず、借金の取り立ての手伝いをしながら食いつなぐ日々。

 

年齢的にも引退が見え始めています。

 

ペット屋の店員エイドリアンに想いを寄せ、不器用ながらもアプローチをかけるも、イマイチ手応えなし。

 

しまいにはジムのトレーナーのミッキーから、ロッカーの使用を禁じられ「引退を考えろ」と罵倒されます。

 

そして薄暗いアパートでの孤独な暮らし。

 

序盤のロッキーからは「未来?なにそれ?」というニヒリズムが漂っています。

 

 

ある日ロッキーは酒場で、友人でありペット屋の店員エイドリアンの兄でもあるポーリーに「お前の妹どうなってんだよ?何を話しかけてもうんともすんとも言わねーぞ」と詰め寄ります。

 

ポーリーは「今度俺の家に来い。そこでデートに誘え」と助け船を出しますが、

 

「その代わり、自分にもお前がやってる金貸し仕事の手伝いをやらせろ、紹介しろ」と交換条件を出してきます。実に現金な男です。

 

このポーリーも精肉会社で働く、うだつの上がらない男です。自分の仕事や人生に不満を抱いていて、もっと稼げる仕事につきたいと考えています。

 

ロッキーは「金貸しなんぞろくなもんじゃねえぞ」と、仕事紹介の件についてはあいまいに濁します。

 

 

ロッキーは感謝祭の日にポーリーの家からエイドリアンを誘い出すことに成功します。

 

そしてデート後、だいぶ強引にエイドリアンを自分の部屋に連れこみますw

 

チャンスとあらば勝負に出て、それを見事つかみ取るロッキー。

成功者の素質はありますねー。

 

エイドリアンという彼女ができて、少しロッキーの日常に彩りができ始めた矢先、ロッキーに一世一代のチャンスが舞い込みます。

 

世界チャンピオンのアポロの対戦相手として白羽の矢が立ったのです。

 

もともとアポロの対戦相手が負傷で出場不能となり、代わりの相手を探していたところ、アポロの「どうせなら無名の選手にチャンスを与えるという話題性で行こう!アメリカンドリームだ!」という思いつきが採用され「イタリアの種馬というニックネームが面白い」というだけの理由でロッキーが選ばれます。

 

ロッキーがその対戦を承諾すると、それまでさんざんロッキーを罵倒していたトレー

ナーのミッキーがロッキーの家に来ます。

 

そこで、自分の過去の武勇伝を語ったうえで「俺は前からお前には素質があると思っていた!これはチャンスだ!だが一人では無理だ!助けがいる!経験のある俺ならお前を助けることができる!だから俺をトレーナーにしろ!!」と手のひら返して頼み込んできます。

 

調子のいいじいさんですw(ただ、ロッキーに素質があると思ってたのは事実でしょう。これよりも前に、ロッキーが「なぜ俺を目の敵にするんだ」とミッキーに問い詰めると「素質があるのに金貸しの手下に成り下がり、トレーニングも本気でやらねえからだ!」と答えるシーンがあったからです)

 

ロッキー、そのあからさまな手のひら返しに対してキレます。

 

「てめえ、さんざん俺のことコケにしといて今更どの口が言うんだ!」と。

 

トイレのドアをぶっ叩きながらミッキーを罵倒し続けます。

 

あきらめて帰るミッキーですが、そのあとをロッキーがあわてて追いかけていって「ごめん、言い過ぎたよ…」というようなやりとりをします。

 

このシーンでは、カメラは離れたところから二人の後姿だけを映すので、セリフではなく、ジェスチャーで二人が和解したことがわかる演出になってます。

 

その演出のおかげで「今までのことは水に流して協力し合おう」という感じがより強く伝わってきます。

 

ほんの一瞬ですが、好きなシーンです。

 

 

ロッキーはミッキーの指導のもと、猛トレーニングを開始します。

 

ここから作中に漂っていたどんよりした感じがなくなり、ポジティブな空気へと変わります。そして映画の核となるアポロとの対戦シーンに向けて、どんどんボルテージが上がっていきます。

 

起承転結の「転」です。

 

ロッキーは対戦を前にしてエイドリアンに言います。

 

「もし最終15ラウンドまでリングの上に立っていられたら、自分がただのゴロツキじゃないことが証明できる」

 

自分に言い聞かせるように…。

 

 

そして、ロッキーはリングへと上がります。

 

f:id:ramsyo:20170602144128j:plain

 

ボルテージの上がる映画

 この映画は、序盤から終盤にかけてだんだんボルテージを上げていくという構成になってるので、観ているほうも置いて行かれることなくノっていけます。

 

たとえ「今」がイマイチだとしても、ロッキーみたいにチャンスが舞い込んできたら、逃すことなくつかみとりたいですねえ。 

 

評価:★★★★★(5/5点)